2017年05月31日

映画

●無限の住人
三池さんって、描写ばかりで肝心なところを演出していないと思う。
日本映画は今後の興行もマンガ原作ばかりで大変げんなりです。

●シモンの空
題材もタッチもダルデンヌっぽいけど、社会背景の呈示にとらわれずひたすら内側をゆく。
そりをひく二人を軸に動くロングショットに新鮮な驚きがある。

●ラッキー・ガイ
シンチーのベストはこれか「喜劇王」かで迷うくらい良かった。
スーチーが爆裂な可愛さ。
ラスト、サミーチェンが人ごみから踊りながら登場するところは最高!このばかばかしい大団円を成立させるためにはシンチーが彼女に嫌われる必要があるので、そこからディスコや服を破いてしまうという過去のトラウマの発想がでてくるわけだ。

●0061/北京より愛をこめて?
暗殺者が暗殺できないというギャグにおおいに笑い転ける。だがそれにもまして、アクションシーンにおけるジョニー・トーばりのキレキレの演出に驚く。ショッピングモールのあのシーンだ。強盗団の乗り込んだエレベーターの扉が閉じてゆくその一瞬のあいだに、シンチーの投じたナイフが幾本も宙を横切り、観葉植物の葉を揺らし、暴発した銃が扉の向こうで激しく火花を撒き散らす。階下で扉が開いたときには、悪党は皆くたばっている。こうゆうのもお手の物なんだね。すごい

●県庁の星
柴崎コウが傘を閉じて顔を見せる出のショットから、映画を感じさせてくれる。
そもそもなぜあのような断崖に福祉施設を建てるのか?それはもちろんマクガフィンなので無意味だが、西谷弘の頭には劇場映画一本目ということで「恐怖のメロディ」があったにちがいないはず。「昼顔」がまちきれません。
【関連する記事】
posted by 三十九夜 at 17:36| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。